風景写真撮影をライフワークにしています。 心で写し心が写る。そんな☆写心☆が撮れたらいいな♪
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
虹♪
2009-02-03 Tue 21:30
きょうは朝から雨。。。
先日、鹿児島市内にも降った桜島の降灰もきれいに洗い流してくれた

終日雨だろうなと思っていたがムムッ!夕方から晴れ間も射してきた
自宅の窓から何気に外を見るとなんと虹が姿を現した
しかもダブルレインボー 思わずコンデジを持ち出してベランダに飛び出した。
DSCF0199m.jpg
ウ~ン一眼レフなら何てことないシーンだが、、、
マニュアルフォーカスができないカメラだとAFが虹にピントを合わせてくれない!!
遠くにある建物でフォーカスロックするしかない
空にある虹だけ撮ろうとするともっと難しい。。。

あっという間に1本になっちゃった
左下の白い部分は桜島にかぶさった雲です。
そう、家からはいつも桜島の上半分が見えてます
DSCF0198m.jpg

虹を見つけるとなんだか得しちゃったような気がしますね
神様からの贈り物です
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
2009 新年♪
2009-01-03 Sat 21:56
新年 あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします

大晦日から元旦にかけて食べ過ぎを警戒していたが
案の定 食べた、食べた
気が緩むといつもこうだ。。。。

1日はかなり寒く感じたが桜島の頂上付近はうっすら冠雪していた
2~3日は快晴となり自転車でブラブラしてみた。
ショッピングセンター以外は車も少なく
いかにもお正月という雰囲気だった。
Image052m.jpg

不景気の真っ只中に年明けとなり何だか夢とか希望という言葉がウソっぽく聞こえる。
こんな時でもあきらめたりしないことが大切なんだろう。
奇跡は自分でおこそう♪  なんて桜島を見ながら考えたりしたお正月だった
Image053m.jpg

皆様にとりましても今年が素晴しい年でありますように
Image047m.jpg

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ミニチャリ
2008-06-02 Mon 11:41
最近やたらと耳にするメタボ
どうやら他人事ではなさそうだ

会社の健康診断でコレステロール値に問題ありと結果がでた
う~ん、やっぱり!といった感じだぁ
食事は不規則だし、室内の仕事だし、出かける時は車使っちゃうし。。。
人並みにサプリメント飲用してるけど基本的に運動してない
健康が何よりと思っているくせに情けない

何かしなきゃなぁ~と思っていたが
最近ご無沙汰しているチャリンコにたどり着いた。
風を感じながら走るチャリンコなら ちょっと遠い距離でもイヤではない。
DP22m.jpg


チョコチョコ乗っているうちに変な欲がでてきちゃった。。。
今乗っている自転車に不満はないのだが折りたためるミニサイズが
欲しくなってきた
ショップに見に行ったりしたが何かピンとこなくてネットでも探してみた。
で!ヤフオクでショップが出品していたこの自転車をゲットしっちゃった
DSCF0172m.jpg

シマノの変速ギアがついた20インチの折りたたみだ!
安かったけど新車だし、お金もかけたし、今 マイブームで乗ってます。
けっこう遠出してしまう。帰りはヘトヘトになるくらい。。。
車にも折りたたんで積めるのでいい買い物をしたと思っている。
小さいから小回りもきくし、今までの27インチより足で漕ぐ量も多くなって
運動量が増えたような!!!
DSCF0180m.jpg

とにかく続けなきゃ意味がない。
ガソリンも高くなったことだし家計と健康を兼ねて??
DSCF0182m.jpg

ただ雨の日と桜島の降灰がある日は避けてる。
桜島の噴火が最近増えてきたいる。ここ何年か灰が降るのは珍しくなってたが
活動が活発になってきている。これから夏にむけて不安だなぁ
火山灰が降って傘をさす光景、世界でも珍しい!
自慢にはならないが、、、、、。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
2008年 新年
2008-01-05 Sat 00:36
昨年、父親が他界し喪中となりましたので
お年賀参りはご遠慮させていただきました。
ネットでのお付き合いをしてくださっている皆様にとって
良い年となりますことを心よりお祈り申し上げます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

ところで昨年、クリスマスにカメラを1機購入しました。
忘年会含め 飲み会で写真を撮ることがけっこう多く
そんなとき一眼レフカメラはやっぱり大きいいし大袈裟に感じることもあります。
携帯のカメラ(SoftBank 910SH)でいいかと使っていましたが
バッテリーがきつかったのです!
フラッシュを多用すると途端に電池切れになり通話もできない状態に。。。
実は今まで使っていたかなり以前にコンパクトデジカメは人に譲ってしまいました。
残っているのはKodak EasyShare P880 Zoomだけ!
もっと気楽に撮りたいなぁ♪
img10214087809m.jpg


そんな訳であれこれと最新のコンパクトカメラを摸索していたら
欲がでるでる!!!
あれよりこれ、これよりあれ、当初の目的を外れて何やら一眼レフも含めて
最新機種のお勉強となりました。(苦笑)
で、最終的に選んだのがフジフィルムのFinePix S8000fd
あれ?コンパクトにしてはデカイし!何でやねん!!
エヘヘ!
s8000_front_on_o_.jpg


選んだ理由は以下の理由
○フジフィルム初のCCDシフト式の手ブレ補正機能がついた!
○SDメモリーカードが使える。
○光学18倍ズーム(35mmフィルム換算で27mm~486mm)
○2.5型液晶モニターにワイドビューフィルムを採用(さすがに綺麗)
○23万画素の電子式ファインダー(けっこう見やすい)
○高感度2枚撮り機能(1回のシャッターでフラッシュオンとオフを2枚撮る。
あとで選べるので便利)
○顔キレイナビ(顔を探して追っていく!けっこうビックリ!)
○フォトモードがある!
○乾電池が使える。
何といってもフィルムメーカーが作っているだけあって発色がいいと
いうことが一番でした。
フォトモードにF-クロームという設定があるのですが
これはポジフィルム(ネガにもだが)に定評のあるフジフイルムのこだわりだと
思います。風景や花の発色がいい!
コンパクトカメラとして選んだのでレンズフィルターが使えないことや
外付けのフラッシュがつけられないアクセサリーなどは無視しました。
さすがにポケットには入りませんが電源オフの状態ならそれほどごっつくないかな??
YAHOOのオークションで新品未開封を見つけてゲットしちゃいました。
気楽に撮れそうなのであれこれ遊んでみたいと思っています。
説明書を見なくても液晶のガイドでわかりやすいのもいいなぁ♪
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
エンジョイ!一眼レフ スポット測光
2007-11-18 Sun 07:12
スポット測光のお勧め

主役の人物や花が暗く写ったり明るくとんだりすることがある。
画面のなかに光と影が混在するとき、主役がいい条件に存在するとは限らない。
いつもの撮り方に手を加える必要もでてくる。

一眼レフカメラは露出計を内蔵しているがその測光する方法を変えることができる。
大きく分けて3パターン。

分割測光(評価測光、マルチパターン測光などメーカーで呼び名が違う)
といってファインダーから見える画面をいくつもに分けて測光する
最新式の測光方法となる。
画面の中に明るいところや暗いところがあっても分割された箇所をそれぞれ
測光し見た目に一番近い露出を決定する機能だ。
これは各メーカーが膨大なデータをもとに開発している。
メーカーご自慢の測光方法だ!

次に中央部重点測光、分割測光が現れるまではこれで撮ることが多かった。
真ん中付近を重点に露出を計測する。主役が真ん中にいる時にいい方法になる。
周辺は平均化される。

あと一つがスポット測光というものだ!
とにかく主役になる人や物を一部分のみ重視して測光してくれる。
いくら最新式のカメラでもどれが主役なのかまでは判断できないだろう!
主役だけが影にいたり日向にいたりと条件が悪いときにはこのスポット測光が
お勧めだ。

この写真を見ていただきたい。
主役のつもりの彼岸花が影にあり、背景が晴れているとき撮ったものだが
通常の分割測光のままで撮ったら影と日向の部分が極端で結果的に
彼岸花は暗く写っている。でも見た目に近いのはこの画像だった。
PICT0117m.jpg


これは彼岸花をスポット測光してとったもの。
背景の日向の部分は光が強すぎてとんでしまったが彼岸花は適正な露出となる。
PICT0116m.jpg



スポット測光は測光したところ以外は無視しちゃうのだ!
コントラストも強くなる
これを利用して印象的な写真を撮ることができる。雰囲気が変わるのだ。
たとえば明るい空の部分をスポット測光してみると
影にある彼岸花はもう真っ黒なシルエットになる。
こんな風に色々工夫することもできるのだ。
PICT0120m.jpg


カメラによって設定方法が違うがスポット測光に設定したら
主役にピントを合わせてシャッターを半分押してみよう!
このとき画面の中心部に小さな○、◎、【 】、など印がついているところで
測光する。だからオートフォーカスも真ん中でピントが合うようにしておこう!
スポット測光は真ん中にある赤い○の部分で測光する。
ft04_01_img03.jpg


シャッターを半分押したまま、構図を決めて撮る。
シャッターを半分押したらフォーカスロックといっしゃにAEロックもされる。
AEロック(AEL)はシャッターを半分押したとき真ん中にある被写体の
測光をしてそのままの露出で固定してくれる。

ちなみにシャッターを半分押したまま画面の位置をズラしてみると
ファインダー内のインジケーターかシャッタースピードがクルクル変わる。
ハーフシャッターを押したところで露出固定しているので他のところは
こんな露出で写りますよ!ということだ。

カメラの背面にAELと書いてあるボタンというのがあると思う。
これも同じ働きをする。通常の分割測光にしたままでもこのボタンを押せば
一時的にスポット測光になる。測光したい部分でAELボタンも押したまま
シャッターをきるから慣れが必要だ!
(一度AELボタンを押したらもう一度押すまで有効にできる設定もある)
自分は測光方法を切り換えるのが手間取るのでこのボタンを使う。

厳密に言うとこのスポット測光は難しいのだが
気楽に楽しみながら試し撮りをすることで感覚で理解できるようになると思う。
別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| Vividly | NEXT

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。