風景写真撮影をライフワークにしています。 心で写し心が写る。そんな☆写心☆が撮れたらいいな♪
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
エンジョイ!一眼レフ、レンズ
2007-11-10 Sat 22:35
レンズ
一眼レフの醍醐味はレンズを交換できることだ!
面倒くさいと言われればそれまでだが自分がこんなイメージで撮りたいと思った時
それを可能にしてくれるのが色んな種類のレンズがあってこそだ!

最近はズームレンズの性能がかなり良くなってきている。
10倍以上の高倍率ズームレンズでほとんどのシーンが撮れたりする。
28-300mmやデジタル専用でも18-200mm、18-300mmというように
レンズメーカーであるシグマタムロンが先駆けて販売している。
その性能も高倍率ズームに限っては純正メーカーにも引けをとらない、
というより純正メーカーがレンズメーカーより優れているところはほとんどない!
何より値段がリーズナブルである。

写真は自分が使っているコニカミノルタAF DTズーム18-200mm F3.5-6.3(D)
18-200_img001.jpg

じゃぁ、それ1本でいいか!いえいえ、それはつまらない。
この手のレンズの弱点は明るさと焦点距離。
F値というと絞りのことだがレンズの明るさを表示する値でもある。
絞りはレンズにある。絞りの開放値がF5.6のレンズでF2.8を選択することはできない。
レンズに18-200mm F3.5-6.3 という表示がある場合、広角側の18mmでF3.5以上の
絞りが得られ 200mmの望遠側でF6.3以上の絞りが得られる ということになる。
200mmで撮る時、F2.8やF5.6という絞りには設定できない。
その分、シャッタースピードは遅くなるということになる。
コンパクトデジカメにもズームレンズには同様の表示がある。

あと焦点距離、どれだけ被写体に近づけるか!これは重要なポイントだ!
高倍率ズームレンズは大体45cmぐらい、この倍率ではとても優秀である。
でも単焦点レンズなら大体15cmや30cmといった具合にもっと近づける。
たいした差ではないようだが撮った写真を見ればその迫力が全然ちがう。

単焦点レンズは一般的に絞りの開放値が小さく明るいレンズといえる。
ズームでも全域で絞り開放値が小さいレンズもあるが高額だ!
自分の好みの画角のレンズにはこだわったりしちゃうのだ!!!
単焦点レンズの代表がマクロレンズ。特別といっていいほど綺麗な描写ができる。
50mmのものから180mmなどあるが是非1本持っておきたいのが
100mmでF2.8のレンズ。
決して安くはないが写真を楽しむには必需品と言っていい!
最短距離で撮影すると等倍で写すこともできる。
最大撮影倍率 1倍とか 1:1 と表記される等倍とは
たとえば1円玉をピントが合うギリギリまで近づけて撮影したとき
フィルムに1円玉を置いた同じ大きさで写せるということだ。
フイルムを大きくプリントしたらでっかい1円玉になる!
マクロ100mmで撮った例
PICT0046e.jpg



コニカミノルタAFマクロ100mm F2.8(D)
100-f28_img001.jpg


100mmのマクロレンズは中望遠の域となる。
望遠になればなるほどブレやすい。
花などに近づいて撮るのはけっこう難しい。
ファインダーを見ているとわかるが風で花が揺れたりすると
ピント合わせも大変だ!
よくオートフォーカスではハーフシャッターでピントを合わせてから構図を選んで撮るが
マクロ撮影ではマニュアルフォーカス、手動でピント合わせをやったほうがいい。
オートで合わせてから構図をとるため横にずらすとマクロ域ではピントまでズレる。
それにオートフォーカスが合焦を繰り返す時、目の前から遠距離までピントの領域を
探す時間が長くなってしまう。それを防ぐために焦点距離をセパレートする機能が
あるがマクロ域では人間の目のほうが正確なのだ。自分の目を信じよう!
オートでは拾えないピント位置でも拾えるのがマニュアルフォーカスだ!

ピンとは前後の問題だが左右上下はブレの問題がある。
最近は手振れ補正機能が進んでありがたい。でも完璧ではない!
CCDシフト式ではない感度を利用した補正は自分は好きではない。
感度を上げればシャッタースピードが速くなってブレないがノイズが発生して
画質が悪くなる。非常用にしかならない。

目安として50mmで撮っているときは1/50秒より早いシャッターで、
100mmなら1/100秒、500mmなら1/500秒より早いシャッターで撮る。
500mmで1/250秒だったらブレる可能性が高いということになる。
あくまで目安である。でも広角のほうがブレにくいことがわかると思う。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
<<エンジョイ!一眼レフ 露出補正 | Vividly | エンジョイ♪一眼レフ  AE>>
コメント
★ お久しぶりです。
楽天HPへの書き込みありがとうございました。
何と、さっき気づきました。
返事が遅くなってしまってすみません。
先月、ヒロトさんがよく写真を撮っている農業センター?にコスモスを見に行きました。
いい所ですね。
私もぼちぼち更新しなくっちゃ!
これからも宜しくお願いします。

2007-11-13 Tue 16:26 URL | 月宮柚奈(wanwan) #0DW/rr8Y[ 内容変更] | top↑
★ 月宮柚奈さん♪
お元気でしたかぁ~??
ご多忙なのか何かあられたのか心配しておりました。
お元気でしたら安心です。

コスモスもまだけっこうあちらこちらに咲いていますね!
その分、紅葉が遅いような気がします。

また遊びにお伺いしますね♪
よろしくお願いいたします。
2007-11-13 Tue 20:58 URL | ヒロト #p82v/tWo[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
 トキナーは11月16日、デジタル一眼レフカメラ用の標準マクロレンズ「AT-X M35 PRO DX」を発表した。ニコンおよびキヤノン用を12月下旬に投入する。価格は、メタルフード「MH522」付きで6万8000円。 APS-Cサイズの固体撮像素子専用に合わせた35mm等倍マクロレンズ。... …
2007-11-18 Sun 18:57 Newsデジタル
| Vividly |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。